富安晃苑

ご挨拶

私は、いけばなだいすき人間です。
7~8歳のころから、庭にお花を植えて花壇など作り、楽しんだ思い出があります。
母親が一輪挿しなどにいけるお花が何故か、魔法使いだと思いました。
12歳の時お袋と夜店で、お花の展覧会をみて、「お花が習いたい」と言ったら、
自分で働くようになってからにしたらと言われ、
18歳の春、お花屋さんのウインドウに素敵な生け花が飾って有り、感動してその場で入門しました。それが草月流で男の先生でした。
25年間お世話になり、その後30年 毎月1回「東京本部家元教室」に指導を受け、空間セミナー・その他の講習会・展覧会に。
また、草月最高顧問 石川龍 先生自宅教室にて指導を受けています。


自分の作品が多くの人の心に留まる瞬間、
日々の研鑽の賜物です。

富安 晃苑 の作品集 はこちら


富安晃苑の年譜

1956 草月流 藤城幸岳 先生門下生として入門
1965 いけばな草月流 茶道表千家 いけばな教室開設
1971 (株)富安美装設立開業の為 いけばな教室を一時休止 企業経営の傍ら技芸向上に励む
1990 あらためて 富安晃苑 いけばな教室を開設
1997 草月会最高顧問 石川龍 先生に師事
2001 財団法人草月会より 一級師範顧問を拝命
2002 愛知県岡崎 勤労福祉会館にて富安晃苑 社中展開催
2003 財団法人草月会より 草月奨励賞 受賞
2003 愛知県岡崎 勤労福祉会館にて富安晃苑 個展開催
2004 財団法人草月会より 一級師範理事を拝命
2012 草月作品賞・富安晃苑 社中展
基本から楽しく学びたい
自由ないけばなを創造したい
大きな作品を作りたい
こんな人にぴったりの お花の教室

いけばな教室

自由な発想で 自由な素材で
   自由な心の表現をいけばなで

お花はちから一杯咲き誇り、エネルギーを発しています。蝶々や虫たちは綺麗な色に引かれ、香りや蜜にひかれ、エネルギーをいただくことを知っています。

私は子供の頃からそんなお花に引かれ、母親の生ける一輪挿しが魔法使いに見えたのです。机の一輪挿しが嬉しくて、エネルギーを感じたのです。

草月流いけばなは、一人一人の個性により場にいかした、場に調和した生け花を生けるのです。

いけばな教室について詳しく見る

富安晃苑 表千家茶道教室を開設
お花の教室と
セットになったコースもあります

富安晃苑 表千家茶道教室

ひとをおもてなしする 茶道のこころ (サンプル)

和敬清寂(わけいせいじゃく)
茶道において大切な心構えを四文字に要約した言葉

  • 和 お互いに心を開き仲良くすること。
  • 敬 お互いを敬い合い、また自身を慎むこと。
  • 清 清らかなこと。清潔というだけでなく、心の清らかさも含む。
  • 寂 どの様なことにも動じないこと。

茶道教室について詳しく見る


富安晃苑の年譜

1955 茶道表千家 藤城幸岳 先生門下生として入門
1965 茶道表千家 草月流 いけばな教室開設
1971 (株)富安美装設立開業のため茶道教室一時休止 企業経営の傍ら技芸向上に励む
1978 表千家 不審庵より 盆點相伝 藤城幸岳先生
1988 表千家教授者 亀沢宗石 先生に師事 (藤城先生ご逝去により)
1990 あらためて 富安晃苑 いけばな教室を開設
2002 吉田生風庵 汲古会入会
2010 富安晃苑 表千家 茶道教室を開設
2015 吉田周一郎 先生に師事
2020 表千家 教授者拝命