IMGP0128

茶室に入ってまず目に入るのが床の間で 四季に合わせた掛け軸が掛けられている 通常床前が上座であり正客席となる 夏には風炉が置かれ 冬には炉が切られ そこが亭主の座る手前座である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。